施設スポット検索

浜松・浜名湖観光情報サイト ホーム > 施設スポット検索 > 北雁木

  • 北雁木 ( きたがんげ )

    旧東海道・江戸時代の渡船場跡

    浜名湖今切渡しの舞坂宿側の渡船場で、石垣を築き、石畳を水際まで敷きつめている。1657~61年にわたって構築。幅は10間(約18m)。渡船場は利用する階層によって分かれ、北雁木は諸侯用、中(本)雁木は武家用、南雁木(渡荷場)は庶民や荷物の積みおろしに使用された。現在、北雁木のみ残されている。

    アクセス JR弁天島駅から徒歩10分
    所在地 浜松市西区舞阪町舞阪

    ユニバーサルデザイン情報