施設スポット検索

浜松・浜名湖観光情報サイト ホーム > 施設スポット検索 > 三方ヶ原古戦場

  • 三方ヶ原古戦場 ( みかたがはらこせんじょう )

    家康が信玄に大敗した合戦。井伊谷城はこの後武田軍が占領

    三方原の戦いは、直虎が女城主となって守った幼い虎松(後の井伊直政)が長じて仕えることになる徳川家康が、武田信玄に完膚なきまでに叩きのめされた合戦です。
    元亀3年(1572年)上洛を目指す武田信玄は遠江に侵攻し、二俣城を落しました。同時に、武田の猛将といわれた山県昌景は5千を率いて三河から攻め入り、次々に徳川傘下の城を陥落させていきました。
    浜松城を居城とし、遠江をほぼ平定していた徳川家康は、三河からの武田軍を迎え撃つために兵を出しており、12月22日(他説あり)に信玄が二俣城を出発したとき、手元の軍勢は約8千。同盟を組んでいた織田の信長の援軍もありませんでした。
    信玄は、二俣城から浜松城を素通りして、浜名湖湖畔の堀江城を目指す道を進んでいました。家康は「領地の進軍をやすやす許すなど武士にあらず」、と家臣の反対を押し切り浜松城から討って出ます。
    家康は、武田軍が三方原の台地から祝田の坂を下ったところを背後から急襲するつもりでしたが、夕方に三方原につくと、信玄は坂を下らずに台地に『魚鱗の陣』を構えて待っていました。家康は『鶴翼の陣』を敷き、合戦となりましたが、兵力でも戦法でも劣る徳川軍は総崩れ。多くの重臣を失い、家康自身も何度も討死しそうになりながら敗走し、夜陰に乗じてなんとか浜松城に辿り着きました。
    この大敗は、伊賀越えと並び、家康の人生における危機といわれていますが、井伊家にとっても、一大事でした。
    仏坂の戦いで井平城を奪った山県昌景は、そのあと、井伊谷を蹂躙し、神社仏閣を焼き払いました。そして、三方原の戦いの後、井伊谷城は、しばらく武田軍に占領されます。一説によると直虎はこの間、浜松城に逃げたといわれています。
    しかし、武田の遠江支配は、あっけなく終わりを告げます。この翌年に信玄が病死すると武田は衰え、直虎も井伊谷城を取り戻しました。
    いま、三方原台地の一角に、古戦場の碑が建っています。

    アクセス 浜松市駅北口バスターミナル〜のりば奥山、渋川・伊平行きバスで約45分、「三方原墓園」下車、徒歩すぐ
    電話番号 053-452-1634(浜松市観光インフォメーションセンター)
    所在地 石碑:三方原墓園駐車場敷地内(北区根洗町)
    駐車場 あり
    バス駐車場 なし

    ユニバーサルデザイン情報