施設スポット検索

浜松・浜名湖観光情報サイト ホーム > 施設スポット検索 > 中村家住宅

  • 中村家住宅 ( なかむらけじゅうたく )

    名家の屋敷を解体し再築。家康の側室、お万の方はここで出産。

    中村家の初代は、源氏の末裔の武士で、16世紀の今川氏の時代には、同氏の家臣として浜名湖の軍船を支配しました。
    1568年に徳川家康が遠江に侵攻したとき、中村家の18代正吉は、舟を出して迎え、以降、家康に仕え、今切軍船の兵糧奉行や代官を務めました。
    家康の信頼厚く、浜松城主だった1574年、側室お万の方は、於義丸(後の結城康秀・家康の第2子)を、この中村家の屋敷で出産しました。その時の後産を埋めた「胞衣塚(えなづか)」が現存しています。
    1590年、天下を平定し、家康は関東へ移りましたが、中村正吉はこの地に残り、庄屋を務めていました。その後、結城秀康を藩主とする福井藩から武士の格で扱われ、浜松藩主からは、秀康誕生の御殿や胞衣塚の修繕を目的として、金銀を与えられています。
    中村家は、一般の庄屋たちとは異なり、浜松城主と単独で拝謁できるほど格式の高い家柄となり、子孫たちも各本面で活躍しました。
    宇布見に居を構えたのは、1483年といわれています。
    その住まいは、中村家住宅として残されています。約3千平方メートルの敷地内にある寄棟造葦葺平屋建の主屋は、 国指定重要文化財。貞享5年(1688年)の銘がある鬼瓦が主屋に保管されていたことから、この時代にほぼ完成していたと考えられます。現在残る主屋は、それを解体復元したものです。
    結城秀康の胞衣塚の梅の木は、徳川家康のお手植えと伝えられています。
    最新の情報はこちからチェックできます。

    アクセス 浜松駅北口バスターミナル⑤のりばから宇布見行きバスで約40分、「宇布見領家」下車、徒歩3分/ 東名浜松西ICから車15分
    電話番号 053-596-5585
    所在地 浜松市西区雄踏町宇布見4912
    営業時間

    9:30~16:30

    定休日 月曜日~木曜日(祝日は開館) 12/28~1/4
    費用 大人200円、中学生以下無料 ※団体割引あり
    駐車場 普通車20台
    バス駐車場 大型1台