施設スポット検索

浜松・浜名湖観光情報サイト ホーム > 施設スポット検索 > 清瀧寺

  • 清瀧寺 ( せいりゅうじ )

    父の家康に自害させられた信康を祀る。家康が霊廟と位牌堂を建立

    天下人、徳川家康も、戦国時代は直虎や井伊家の人々同様、艱難辛苦を味わってきました。
    その最たるものが、嫡男の信康を自害させたことでしょう。
    清瀧寺は、実の父に切腹を命じられて21歳で散った悲劇の若武者、徳川(松平)信康を祀っています。
    信康の母で徳川家康の正妻、築山殿は、今川氏の姫。直虎の祖父で井伊家城主だった井伊直平の娘は今川に嫁いでおり、その娘、つまり直平の孫だったといわれています。ということは、信康も井伊家の血をひく人でした。
    「なぜ、家康が信康を殺さなければならなかったか」については諸説ありますが、通説では、信康の正妻で織田信長の娘である徳姫が、信康と築山殿が武田氏に通じていると信長に訴えたからでした。
    訴えをきいた信長は、家康に、築山御前と信康を処刑するよう求めました。
    信長は同盟相手でしたが、当時の力関係では、家康にとって逆らうことはできない相手でした。
    家康は家臣の反対の中で、信康に切腹を命じ、天正6年(1579年)9月15日、信康は二俣城で自害。亡骸は、城から峰続きにある小松原長安院に葬むられました。
    翌年、家康は同院に信康の位牌堂を建立。その後、詣でた際に脇を流れる清涼な滝にちなみ、『清瀧寺』と名を改めさせました。
    信康の位牌の他に、本堂内には、家康の木像や徳川家歴代将軍の位牌が安置されています。

    アクセス 西鹿島駅から山東方面行きバスで約10分、「二俣仲町」下車、徒歩5分/ 天竜浜名湖鉄道「二俣本町駅」から徒歩約10分
    電話番号 053-925-3748
    所在地 天竜区二俣町二俣1405
    駐車場 あり
    バス駐車場 なし
    その他

    浄土宗 京都知恩院の末寺 本尊は阿弥陀如来