施設スポット検索

浜松・浜名湖観光情報サイト ホーム > 施設スポット検索 > 家康公鎧掛松

  • 家康公鎧掛松 ( いえやすこうよろいかけのまつ )

    合戦より戻った家康公が休息したと言われる松。現在は三代目。

    浜松城からすこし移動した浜松市役所前に松が植えられています。
    戦から帰ってきた家康が、松の木に鎧を掛けて一息ついたことから、その松は鎧掛松と呼ばれるようになったといわれています。
    初代の松は1915(大正4)年の台風で枝が折れて枯れてしまい、二代目の松は戦災によって焼失、そして、現在の三代目の松が1981(昭和56)年に植えらました。


    アクセス バスターミナル(1)(13)のりば発のバス。市役所前バス停下車。所要時間約10分。
    郵便番号 430-0946
    所在地 浜松市中区元城町