施設スポット検索

浜松・浜名湖観光情報サイト ホーム > 施設スポット検索 > 本多肥後守忠真の碑

  • 本多肥後守忠真の碑 ( ほんだひごのかみただざねのひ )

    三方ヶ原の合戦で自ら殿(しんがり)を努め果てた徳川軍の勇者の碑

    犀が崖資料館の南側に本多肥後守忠真の忠義を称え、第17代本多子爵によって1891(明治24)年に建立された戦功碑。

    石碑には本多家が代々松平家・徳川家に仕えたことや本多忠真が数々の戦で功績を残したことが記されています。また、碑の題字「表忠彰義之碑」は徳川家16代家達公によって書かれました。

    本多肥後守忠真は本多平八郎忠勝の叔父にあたり、三方ケ原の戦いで討死した武将のひとり。

    武田軍に大敗した徳川軍が撤退する際に殿(しんがり)を買って出た忠真は、わが子菊丸に「主君家康を護るように」といいおいて、道の左右に旗指物を突き刺し、武田軍の中に刀一本で斬り込んでいき、39歳をもって討死しました。

    父の命によって家康を援護し、浜松城に無事退却した菊丸は、父の最後や友が次々と死んでゆくのを目の当たりにし、この世の無常を感じたため、父の遺骸を三河に葬った後、出家の道を進んだのです。

    アクセス バスターミナル(15)のりば発のバス。さいが崖バス停下車。所要時間約15分。
    郵便番号 432-8014
    所在地 浜松市中区鹿谷町
    定休日 なし
    費用 無料
    駐車場 犀ヶ崖駐車場を利用