浜松まつりの紹介

浜松まつりホーム 浜松まつりの紹介

熱気と歓喜、浜松っ子の3日間。

今年も浜松まつりがやって来た。
174か町が参加しての勇壮な「凧揚げ合戦」や81か町が夜の街を華麗に彩る「御殿屋台の引き回し」。
参加するものも見るものも、熱気と歓喜に包まれる。
1年がまつりで始まりまつりで終わる。浜松っ子のエネルギーが、今爆発する。

写真:浜松まつりとは 写真:浜松まつりとは

浜松まつりとは

初子の誕生を祝うもの。子どもたちの健やかな成長を願って、地域みんなで祝いあうもの。

昼間は中田島の凧揚げ会場を舞台に子どもの誕生を祝う初凧が天高く揚げられ、夜は市の中心部が舞台になり絢爛豪華な御殿屋台が優雅で幻想的な美の競演を繰り広げる。

浜松まつりの歴史について

開催本則抜粋

浜松まつりは、浜松固有の貴重な文化であり、市民の誇りである。初子祝いのこのまつりを円滑に開催し、将来にわたり発展し続けることを目指し、ここに浜松まつりの開催本則を定める。

  • 一、浜松まつりは、未来を担う子どもの誕生を祝い、もって伝統文化の継承さらには市民の融和と連携を深め、郷土浜松のさらなる発展に資することを目的とするものである。
  • 一、浜松まつりに参加する団体は、青少年の健全な育成を図るように努めなければならない。

凧揚げ合戦

174か町自慢の大凧が、
五月の空に悠々と舞う
開会宣言と同時に上がる花火の合図、初子の誕生を祝う「初凧」、迫力満点の「糸切り合戦」。大凧が5月の空に悠々と舞う。
凧揚げ合戦の見どころは、激しい糸切り合戦と初子を祝う喜びの笑顔。
凧揚げ合戦について

御殿屋台引き回し

各町自慢の屋台が
鍛冶町通りを優美に彩る
各町彫刻を施した御殿屋台が絢爛豪華な美の競演をする。御殿屋台の行列は見るものを熱気と興奮に包み込み、かわいらしいお囃子が優美に華を添える。
御殿屋台引き回しについて